3歩進んで2歩更に進む。

どうにかして前進したい。20代サラリーマンの筋トレとお金と時事事項などについての雑記ブログ。


最近話題の仮想通貨TRX(トロン)とは?実際に投資してみた

AD

f:id:ktkooon:20180110233654j:plain

新年早々おみくじは凶、テレビの誕生月占いは最下位のktkooonです。

以前ETHを買っていると記事にしましたが、今回はそのETHを使って更なる投資をしてみました。 これから仮想通貨投資はじめる方や、コンテンツ配信の未来に夢を見たい方、積極的にリスクを取りたい方などなどにおススメの通貨TRX(トロン)を紹介します。

TRX(トロン)とは?

ググると闇の深そうな日本製のOSの話もでてきますが、それじゃないです。 公式サイトはこちら。

tron.network

TRNとは、非営利団体のトロン財団が開発しています。世界的な無料のコンテンツエンターテインメントシステムを構築することを目指しているブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。

はい。これだけ聞くと、凡人にはよく分かりませんね\(^o^)/

すごく簡潔にいうと、管理者のいないYoutubeのような世界を作れるらしいです。管理者がいないから、クリエイターにとっての公平性が増してみんなハッピーになるぜウェーイということらしいです。

そのプラットフォーム上でTRXを投げ銭で使ってもよし、コンテンツの購入に使ってもよしの通貨として機能するのが目的のようです。

投資に値するかどうか?が気になるところなので、ちょっとポイントをまとめてみました。

創業者のJustin Sun(ジャスティン・サン)がカリスマっぽい

あくまで現時点ではカリスマ!っぽいです。次々と開発者を招聘、有名な企業との連携強化に向けて動きまくっているようです。

twitter.com

ロードマップのワクワク感

TRON公式ページで確認できますが、10年先までロードマップがのっています。

エクソダスという遊戯王に出てきそうな土台づくりの形態が今年。そこから究極形態エタニティは2025~2027というロードマップです。

もうこのバージョンの名前だけでもワクワクしませんかね?^_^

堅調な時価総額

2018年年明けそうそうにイナゴタワーを形成しましたが、その時点で時価総額はなんと10位にランクインしました。プレイヤーがそれだけいるということは、相場の下支え要因になりえるので下げても長期ホールドできる安心感はあります。

venturetimes.jp

BINANCE(バイナンス)でアカウントを作って日本に未上陸のTRX(トロン)を買う

ここまで読んで、もうTRXが喉から手がでるほど欲しくなってきたんじゃないでしょうか?さっそくBinanceでTRXホルダーになりましょう。

ツイッターや、有名なブロガーさんに度々紹介されているBinance。中国の仮想通貨取所です。 日本語対応もしていて、手数料が激安なのがポイントです。

日本のBitflyerやら、Coincheckに未上場な仮想通貨が買えちゃいます。 登録方法などはこちらを参考にしました!

www.zerokarabitcoin.com

超簡単にまとめると、以下の手順で魅力的な草コインが買えます。

  • BitflyerやCoincheckでJPYをBTCかETHに両替しておく
  • Binanceのアカウント開設(小額なら審査なしで開設後速攻で取引できます)
  • 両替しておいた、BTCかETHをBinanceに送金
  • 手数料節約のために、BNBをちょっと買う&取り引き時に手数料をBNBで払うように設定する
  • 好きな草コイン買う

少々面倒ですが、1ドル以下の通貨がゴロゴロあるのでかなり魅力的です。

ただし、それだけにボラリティがかなり激しいので、高リスクを好む投資民族以外にはオススメしません。

ただ、ここで修行すればスーパー投資民族にレベルアップできるかもしれません。おらワクワクすっぞ。

TRX(トロン)を買ってみた

正月早々既にかなり話題になっていたTRX。自分が見つけたときはすでにイナゴタワーを形成中でした。

そこで、投資民族である自分はもっていた全ETH(3.2)をぶっ込みました。 まぁ、半分になってもトントンだし・・・

と思ったら・・・

見事に半値にーw(^人^)
機会損失は一ヶ月分の手取りぐらいw

精一杯の強がりTweet。(尚その後、更に下り続けている模様。)

これでこそ仮想通貨ですね!というか一回買ったの忘れてみます笑
機会損失は30万円ほどですが、ここは握力勝負。

というか、チャートを冷静にみれば調整局面。しばらくは寝かせてみます。 そして、地獄の底まで付き合います笑

こんな、ギャンブルみたいなことしてますが、本来ならばちょっとずつ時間を置いて買ってドルコスト平均法でいくのが王道です。

…だがそれがいい。

今後も仮想通貨研究記事をアップしていこうかなと思います。目指せ億り人。

おわり

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

AD